あなたの悩みを解決します|ミラドライのススメ

ウーマン

理想の小顔に近づく

女性

有毒な菌を活用

美人の条件の一つに小顔がありますが、生まれつきエラが張っていると顔が大きく見え、悲しい思いをした方は多くいらっしゃいます。少しでも顔を小さく見せるため、顔がむくまないよう食事に気を遣ったり、髪形や服装、メイクを色々と試してみたりするのも、一つの方法です。しかし、根本的な解決を望むのであれば、美容整形での治療を検討してみましょう。
エラボトックスという方法は、食中毒の原因として有名なボツリヌス菌の毒素を利用した治療法です。そのままではごく少量で多くの人の命を奪うことができてしまうボツリヌス菌ですが、何倍にも希釈して利用すれば、ダイエットや美容効果を得られるのです。

エラを小さくする

エラボトックス治療ではエラの筋肉にボトックス注射を施し、エラが張っている原因の筋肉を薄くします。そのため張り出していた筋肉が縮小され、エラを小さくすることができます。また、エラボトックスといってもその種類は様々あり、それぞれボツリヌス菌の希釈濃度が異なるため、効果を感じられるようになるまでに必要なエラボトックス注射の回数も違ってきます。最適な方法はエラの大きさや理想の大きさなどでも変わってくるので、施術前には医師としっかり相談をし、治療後に予想と違っていたということがないように気を付けましょう。また、エラボトックスの施術後は、稀に患部が腫れたり違和感を覚えたりすることがあります。これはお肌の状態や体調などによって生じることがあるので、施術前や施術後のケアが厚いクリニックを選んでおくと安心です。